ウィリアム・E. リース(英語表記)William E. Rees

現代外国人名録2016の解説

ウィリアム・E. リース
William E. Rees

職業・肩書
生態学者,動物行動学者 ブリティッシュ・コロンビア大学教授

国籍
カナダ

生年月日
1943年12月18日

出生地
マニトバ州

専門
生態経済学

学歴
トロント大学動物学部〔1966年〕卒

学位
博士号(トロント大学)〔1973年〕

資格
カナダ王立協会会員(ERSC)

受賞
ブループラネット賞(第21回)〔2012年〕

経歴
1969年ブリティッシュ・コロンビア大学助教授となり、’76年准教授を経て、’90年より教授、’94〜99年同大コミュニティー地域計画学部部長(SCARP)。この間、’88〜90年バンクーバー市大気変動タスクフォース創設メンバー。2006年よりワン・アース・イニシアチブ創設メンバー、2007〜2009年人間居住センター長。生物物理学的生産性に対する人間の需要と生態系の再生能力を比較するための資源会計の枠組みである“エコロジカルフットプリント”の概念を開発した。2012年同概念を提唱し、過剰消費のリスクの見直しに貢献したとして、スイスマティス・ワケナゲル博士と共に日本のブループラネット賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android