ウィリスタワー(英語表記)Willis Tower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィリスタワー
Willis Tower

アメリカ合衆国のイリノイ州シカゴにある超高層ビル。2009年までシアーズタワーと呼ばれていた。世界有数のオフィスビルで,大手小売流通企業シアーズ・ローバックの本社ビルとして建設された。竣工は 1974年で,前年の 1973年にオフィス入居が開始された。110階建てで,放送用アンテナ設備を除いた高さは 442m。建築設計事務所スキッドモア・オーイングズ・アンド・メリル SOMが設計と建設を請け負い,ブルース・グレアムが設計者,ファズラー・カーンが構造技術者を務めた。外壁は黒いアルミニウム板とブロンズ色のガラスで覆われている。30~31階,48~49階,64~65階,106~108階に機械室があり,その階がルーバー鎧板)で覆われているため黒い帯状に見える。21世紀に入ってから 103階にある展望室が改装され,外壁から 1.3m外に張り出した,床を含めて 4面ガラス張りの展望台ザ・レッジが設けられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android