コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎧板 ガイハン

デジタル大辞泉の解説

がい‐はん【×鎧板】

弾丸が貫通するのを防ぐため、物の表面に張った鋼鉄または鉄などの板。

よろい‐いた〔よろひ‐〕【×鎧板】

羽板(はいた)2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よろいいた【鎧板】

建具などで、一定の傾斜をつけ、少しずつ間をあけて平行にとりつけた幅の狭い薄板。またそのように張ったもの。遮光・通風などのため窓や戸に用いる。がらり板。羽板。錏板しころいた

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鎧板の関連キーワードペリディニウムツノモ(角藻)ウィリスタワーゴニオラクスがらり板通風建具弾丸遮光平行鎧窓錏板羽板鎧戸傾斜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android