コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルゲロット反応 ウィルゲロットはんのうWillgerodt reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルゲロット反応
ウィルゲロットはんのう
Willgerodt reaction

アリールアルキルケトンに多硫化アンモニウム溶液を作用させて炭素原子数の変らない酸アミドを得る方法。 C.ウィルゲロットが 1887年に発見した反応であるが,20世紀になり K.キンドラーが,多硫化アンモニウムの代りにアミンと硫黄を用いてチオアミドを得ることに成功し,この反応を発展させたので,ウィルゲロット=キンドラー反応ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android