ウィルゲロット反応(読み)ウィルゲロットはんのう(英語表記)Willgerodt reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルゲロット反応
ウィルゲロットはんのう
Willgerodt reaction

アリールアルキルケトンに多硫化アンモニウム溶液を作用させて炭素原子数の変らない酸アミドを得る方法。 C.ウィルゲロットが 1887年に発見した反応であるが,20世紀になり K.キンドラーが,多硫化アンモニウムの代りにアミンと硫黄を用いてチオアミドを得ることに成功し,この反応を発展させたので,ウィルゲロット=キンドラー反応ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android