ウィルゲロット反応(読み)ウィルゲロットはんのう(英語表記)Willgerodt reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリールアルキルケトンに多硫化アンモニウム溶液を作用させて炭素原子数の変らない酸アミドを得る方法。 C.ウィルゲロットが 1887年に発見した反応であるが,20世紀になり K.キンドラーが,多硫化アンモニウムの代りにアミン硫黄を用いてチオアミドを得ることに成功し,この反応を発展させたので,ウィルゲロット=キンドラー反応ともいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版の解説

アルキル=アリール=ケトンを多硫化アンモニウムとともに加熱することにより,同炭素数の酸アミドに変換する反応.ケトン以外にオレフィンも同様の酸アミドを与える.多硫化アンモニウムのかわりに,硫黄とモルホリンを用いてチオアミドを得る方法は,ウィルゲロット-キンドラー反応とよばれる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android