コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンザー朝 ウィンザーちょう

大辞林 第三版の解説

ウィンザーちょう【ウィンザー朝】

現在のイギリス王室の名称。1714年以来のハノーバー朝を1901年サックス-コーバーグ-ゴータ朝と改称。さらに第一次大戦末の17年、敵国ドイツ風の名を王宮所在地名に改称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンザー朝
うぃんざーちょう
House of Windsor

現在のイギリスの王室の名称。本来は1714年のジョージ1世に始まりビクトリア女王などを出したハノーバー朝の直系であるが、1901年サックス・コーバーグ・ゴータ朝と改称し、さらに第一次世界大戦中の17年、対戦国であったドイツ式のこの名称にかわり王室の離宮の所在地の名をとってウィンザー朝と改称された。[大久保桂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウィンザー朝の関連キーワードエドワード(7世)エリザベス[2世]ジョージ(5世)ジョージ5世イギリス王室

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android