コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンストン・セーレム Winston‐Salem

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンストン・セーレム【Winston‐Salem】

アメリカ合衆国ノース・カロライナ州中央部の工業都市。人口15万5000(1994)。ブルーリッジ山脈東側のピードモント台地に位置する合衆国第一のタバコ工業都市。1766年にセーレムが建設され,1849年にフォーサイス郡の郡都としてウィンストンが建設され,1913年にこの二つの町が合併して現在の名称になった。タバコ工場はウィンストン側に多いが,市内には醸造業,衣服,家具,電気器具の工場もある。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィンストン・セーレムの関連情報