コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンデクス ウィンデクス Vindex, Gaius Julius

1件 の用語解説(ウィンデクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンデクス
ウィンデクス
Vindex, Gaius Julius

[生]?
[没]68.5. ベソンチオ
ローマ皇帝ネロの治世末期のガリア人の反乱指導者。アキタニアのガリア人の出で,祖先がローマ市民となり,みずからも元老院議員。ガリア・ルグドゥネンシス (ガリア北東部) 総督として,ネロの暴政に対し,元老院の伝統に帰ることを主張し,68年3月反乱を起した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウィンデクスの言及

【ガロ・ロマン時代】より

…この両者の平和的統合をいっそう促したのは,皇帝ティベリウスの下でのゲルマン族からのガリア防衛の成功と,ガリア市民階層の皇帝権への積極的協力であり,さらには皇帝クラウディウスによるガリア人への元老院(セナトル)貴族身分の開放であった。このようなガリアとローマとの政治的一体化を示す事件をあげれば,皇帝ネロと対立皇帝ガルバの政争が自由ガリアを求めるルグドゥヌムのウィンデクスVindexの反抗に反映し,また逆にライン軍団の支配地域のガリア北東部と元老院貴族が支配する南西部との地域間の対立がローマの政争に直結する。しかし,ゲルマン族侵入の脅威におびえた結果とはいえ,70年のドゥロコルトルム(ランス)のガリア属州会議は,ガリアの地域間の対立を解消し,皇帝トラヤヌスの下で軍隊と貴族とが和解した。…

※「ウィンデクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウィンデクスの関連キーワードポリチオン酸泣きべそ半べそべそべそをかく星ベソくん星ベソパパ星ベソママ出べそカベソン,A.de

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone