コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネロ ネロNero Claudius Caesar

6件 の用語解説(ネロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネロ
ネロ
Nero Claudius Caesar

[生]37.12.15. アンチウム
[没]68.6.9. ローマ近郊
ローマ皇帝 (在位 54~68) 。暴君として知られる。アヘノバルブス家出身。本名 Lucius Domitius Ahenobarbus。母アグリッピナ (小) は皇帝クラウディウス1世に嫁し,ネロをその養子とし,さらに,ネロと前妃の子オクタウィアとを結婚させ,さまざまな栄誉を与えて,クラウディウスの後継者とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ネロ(Nero Claudius Caesar)

[37~68]ローマ皇帝。在位54~68。初め哲学者セネカらの補佐によって善政を行ったが、のちに残忍な性格をあらわし、義弟・母・皇后を次々に殺害。ローマ市大火の罪をキリスト教徒に負わせて大虐殺を行い、反乱を招いて自殺。暴君の典型とされる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ネロ

ローマ皇帝(在位54年―68年)。初め近衛隊長ブルスと哲人セネカの後見で善政をしいたが,やがて母,妻を殺害,暴虐の性格を現した。64年のローマの大火の罪をキリスト教徒に帰して迫害。
→関連項目アンチキリストウェスパシアヌス古代オリンピックコロセウムテリアカパウロペトロニウスルカヌス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネロ【Nero Claudius Caesar Augustus Germanicus】

37‐68
ローマ皇帝。在位54‐68年。ローマ貴族グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブスとアウグストゥスの曾孫女アグリッピナ(小)の子ルキウス・ドミティウス・アヘノバルブスとしてアンティウムに生まれる。49年母がクラウディウス帝の妃となると翌50年帝の養子となり,帝が前妃メッサリナによってもうけた実子ブリタニクスTiberius Claudius Caesar Britannicusより年長のため帝位継承の優先順位を得,53年にはブリタニクスの姉オクタウィアと結婚した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ネロ【Nero Claudius Caesar】

37~68) 古代ローマ皇帝(在位54~68)。「暴君ネロ」として知られる。初め哲人セネカらの後見で善政を行なったが、次第に放恣ほうし残虐となり母・妻を殺害。64年のローマ大火をキリスト教徒の仕業として迫害、反乱の中で孤立し自殺。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネロ
ねろ
Tiberius Claudius Nero Drusus Germanicus 前名Lucius Domitius Ahenobarbus Nero
(37―68)

ローマ皇帝(在位54~68)。ローマ貴族グナイウス・ドミティウス・アヘノバルブスと、アウグストゥスの曽孫(そうそん)女、小アグリッピナとの子。父の死後、母はネロを連れ子として叔父クラウディウス帝の妃になると、ネロはその養子となった。権力欲の強い母は哲学者セネカをネロの家庭教師とし、ネロを帝の娘オクタウィアと結婚させ、その弟ブリタニクスに優先する帝位後継者にしたが、それでも待ちきれず帝を毒殺して帝位につけた。ネロは治世初期5年間はセネカや近衛(このえ)長官ブルスの補佐の下に善政を行い、母の政治介入を抑えた。そこで彼女がブリタニクスを支援すると、ネロはブリタニクスを毒殺し、ついに愛人ポッパエア・サビナにそそのかされ、59年母を殺させた。
 このころブルスが死に、セネカも遠ざけられて、ネロの暴君的行動は著しくなり、オクタウィアは離婚、流刑ののち殺され、妃となったポッパエアもやがて急死した。他方ネロは年少時より芸術に関心を抱き、詩をつくり、とくに民衆の前で竪琴(たてごと)を奏でて歌い、喝采(かっさい)を受けることを好んだ。
 64年7月、ローマ市の大競技場の一角から不審火が起こり、市の大半が焼失すると、民衆はこれをネロの放火によるとして不穏の情況がみえた。そこで、ネロは佞臣(ねいしん)ティゲリヌスなどの進言をいれ、その責任をキリスト者に帰して、多数を捕らえ、火刑、十字架刑に処したり犬にかみ殺させたりした。使徒ペテロとパウロもこのとき、またはすこしのちに殉教したと伝えられている。翌65年、元老院議員ピソを中心とする陰謀が発覚、セネカも加担を疑われて自決を命じられた。
 66年ネロはギリシアに行き、ギリシアの自由を宣言し、オリンピアなどの競技に参加し、八百長(やおちょう)で多くの栄冠を獲得した。しかし68年にはガリア、ついでスペインに反乱が起こり、ネロは元老院と軍隊に見捨てられローマから脱出したが、追っ手が近づくと自殺した。そのときの彼のことばは「なんと惜しい芸術家が、私の死によって失われることか!」であったという。彼の死後もネロ再来のうわさが伝えられ、中世に至るまでさまざまなネロ伝説が語られた。[秀村欣二]
『ヴァルテル著、山崎庸一郎訳『ネロ』(1967・みすず書房) ▽秀村欣二著『ネロ』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネロの言及

【アグリッピナ[小]】より

…大アグリッピナの長女。アントニウスの孫アヘノバルブスと結婚し,ネロを生む。兄カリグラ帝の治世中一時追放されたが,彼が殺され叔父クラウディウスが即位すると,彼と結婚して権勢をふるい,54年ネロを帝位につけるため夫を毒殺したと言われる。…

【アンチキリスト】より

…それはイエスのキリストたることを否認する者で,終りの日に先立って今現れているという。黙示文学では,エルサレムを荒らしたアンティオコス4世が終末時の敵の原型とされ,さらにローマ皇帝ネロやドミティアヌスもそのようにみなされた。宗教改革者はしばしばローマ教皇をアンチキリストと呼んだ。…

【運河】より

…交通需要の増大によって,スエズ運河は継続的に増深・拡幅工事が行われ,パナマ運河は水平式の新運河の増設が計画されている。【山口 平四郎】
[産業の発達と運河]
 ヨーロッパ大陸の運河はローマ時代に,皇帝ネロ(在位54‐68)によりニーダーライン地方とゾイデル海の間に建設されたものにはじまる。その後も運河の建設は続けられ,13~15世紀にはネーデルラント,イタリア,ロシアにも建設されたが,大規模な運河はいまだ出現しなかった。…

【エメラルド】より

…大プリニウスは《博物誌》第37巻のなかに,〈わたくしたちは緑色の草や葉をむさぼるように眺めるが,同じ緑色といっても,エメラルドに比すべき良質のものはどこにもないので,これ以上目にここちよい色はない〉と書いている。また〈エメラルドの平べったい形をしているものは,鏡のように物の姿を映し出す〉として,〈皇帝ネロは1個のエメラルドのなかに剣闘士たちの闘技を眺めた〉と書いている。この文脈から判断すると,どうやらネロは一般に信じられているように,エメラルドを眼鏡として使ったのではなく,平べったいエメラルドの表面に闘技場の光景を映して眺めたらしい。…

【オクタウィア】より

…ローマ皇帝ネロの最初の妃。クラウディウス帝とメッサリナの間に生まれ,53年ネロと結婚したが,夫にうとんじられ,62年には不妊を理由に離婚を言い渡された末に,カンパニアに追放された。…

【オトー】より

…ネロ帝後のいわゆる〈四帝乱立の年(69年)〉のローマ皇帝の一人。在位69年1~4月。…

【オリンピック】より

…優勝者には,ゼウスの神木オリーブの枝で編んだ葉冠が与えられ,その彫像が聖域内に建てられた。前2世紀以後,ローマの勢力が伸張するに従って,オリュンピア競技からもギリシア精神が失われ,競技に賞金がかけられたり,これを目当てとする職業競技者が横行したりして競技も衰退期に入り,ローマ帝国時代になると,皇帝ネロが聖域内に別荘を建て,みずから競技に参加するため,その日程の都合で,65年に行われるべき第211回の祭典をかってに67年に延期して伝統を乱すような末期的現象を呈するようになった。313年にコンスタンティヌス1世がキリスト教を公認し,392年にはテオドシウス1世が異教禁止令を出したので,オリュンピアの祭典も競技も翌393年の第293回を限りに消滅した。…

【キリスト教徒迫害】より

…とくにキリスト教の礼典である聖餐,教徒の交わりが〈人肉食い〉〈近親相姦〉との中傷をうけることになり,彼らを反社会的ないかがわしい集団とする一般の風潮ができあがっていった。64年に生じたローマ市大火でキリスト教徒が放火犯として追及され,数千人(おそらく誇張であろう)が処刑されたという,タキトゥス《年代記》が伝えるところの〈ネロの迫害〉の背景には,このようなキリスト教徒への偏見があり,〈人類敵視〉の罪名がかぶせられたのである。しかしこの迫害はあくまで放火罪が処罰対象であり,一時的なものにとどまり,しかもローマだけのことで,キリスト教の存在そのものを対象とした迫害ではなかった。…

【サテュリコン】より

…その中でもとりわけ有名なのは〈トリマルキオの饗宴〉と呼ばれている部分で,かつては奴隷だったトリマルキオが現在では解放されて大金持になって,想像を絶する豪華な宴会を催している。この宴会に参加した主人公たちによって,ぜいたくな食事のメニューやそこで交わされる会話が詳細に紹介されるが,この成上り者の趣味の悪さは皇帝ネロを批判したものとも考えられる。またエウモルプスという名の詩人を登場させ,大げさな叙事詩を発表させているが,これは同時代の詩人ルカヌスを風刺したものらしい。…

【セネカ】より

…その後財務官として政界入りを果たしたが,卓抜した弁論はカリグラ帝の嫉妬を買うところとなり,41年陰謀によってコルシカ島に追放された。48年小アグリッピナから召喚されて息子ネロの教育をゆだねられ,54年クラウディウス帝の死後は帝政の実権を握り,行政に腕をふるった。その間巨額の富を築き,哲学的信条と実生活の矛盾が非難を浴びた。…

【男色】より

…次いで皇帝となったティベリウスも,続くカリグラも男色を楽しんだ。ネロは解放奴隷ドリュフォルスと女のように接しただけでなく,美青年スポルスを去勢して結婚し,皇后のように扱っている。ハドリアヌスはその寵児アンティノオスのために町を建て,神格化さえ行った。…

【ブリタニキュス】より

…《ブリタニキュス》は,素材をタキトゥス《年代記》によるローマ史に取り,政治悲劇としてコルネイユ以上にコルネイユ的悲劇を書くことによって,そのような批判に応じようとした作品である。 主題は,青年皇帝ネロン(ネロ)が,3年にわたる善政の仮面を捨てて暴君としての正体を現す悲劇的な一日を扱う。そのような〈怪物の誕生〉に至る権力闘争の劇に加わるのは,権勢欲の権化であり,ネロンを自分の軛(くびき)のもとに縛りつけておこうとする母后アグリッピーヌ(小アグリッピナ)であり,かつては権力の座にありながらアグリッピーヌにより失脚させられ,今やネロンの秘密の腹心として青年皇帝を悪へと誘惑する解放奴隷ナルシスであり,また,青年皇帝の後見役として,アグリッピーヌに対してのネロンの自立をはかることで逆に〈怪物の誕生〉に手を貸すことになる武将ビュリュスである。…

【ペトロニウス】より

…官吏としては職務に熱心であったと伝えられるが,昼間は眠っていて夜を仕事と快楽に過ごしたぜいたくな通人として知られていた。皇帝ネロの宮廷にあって〈優雅の判官arbiter elegantiae〉として,皇帝も彼の意に従って行動するほどの信任を受けた。しかしながら他人のねたみを買い,反逆罪の疑いをかけられ自殺した。…

【ルカヌス】より

…幼時にローマにわたり,恵まれた教育環境の中で成長し,20歳のころアテナイに留学した。自身詩作をたしなんだ皇帝ネロに才能を注目され,宮廷に呼ばれた。財務官をつとめるかたわら創作にはげみ数々の作品を発表したが,現存するのは絶筆となった主著《内乱賦》だけである。…

【ローマ】より

…属州統治においてはとくに西部では旧来の都市同盟(コイノン)を属州会議(コンキリウム・プロウィンキアエconcilium provinciae)として利用し,皇帝礼拝を許可して帝国の統一を図った。 続く皇帝ティベリウス(在位,後14‐37),カリグラ(在位37‐41),クラウディウス1世(在位41‐54),ネロ(在位54‐68)は,アウグストゥスのユリウス家と,妻リウィアのクラウディウス家の枠内で帝位が移ったのでユリウス=クラウディウス朝と呼ばれる。ティベリウスは元老院との協調性において欠けるところがあり,親衛隊長セイアヌスの専断のゆえもあって,政治的密告と恐怖政治が続いた。…

※「ネロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネロの関連情報