ウィーナーワルト(英語表記)Wiener Wald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーナーワルト
Wiener Wald

オーストリアの首都ウィーン西郊に連なる森林の多い丘陵地。東部アルプスの北東端にあたり,主として砂岩から成るが,南東部には石灰岩がみられる。北部はウィーン北西部でドナウ川峡谷を形成。東斜面の谷間には別荘地や住宅地が入込んでいるが,背後には国有や教会有のブナ林混交林が広く残り,19世紀頃からウィーン市民の行楽地となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android