コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーン盆地 うぃーんぼんち

1件 の用語解説(ウィーン盆地の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーン盆地
うぃーんぼんち
Wiener Becken

オーストリア東端、ドナウ川の南を占める大きな三角形の盆地。面積約1600平方キロメートル。西に首都ウィーンが位置し、この国でもっとも重要な経済地域の一つ。第三紀なかば、アルプスカルパート山脈の間の沈降域に厚さ3000メートルに及ぶ堆積(たいせき)物が覆ってできた。盆地西縁の断層沿いに温泉が湧出(ゆうしゅつ)し、地震も頻発することは、現在なおその変動が継続していることを示す。耕地面積は3分の2を占め、繊維・衣料品工業が盆地内の各地に立地する。[前島郁雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウィーン盆地の言及

【オーストリア】より


【自然】

[地形,地質]
 国土の総面積は北海道とほぼ等しく,その約2/3は東アルプス(アルプスのうち,ライン川上流とイタリアのコモ湖を結ぶ線より東側を指し,西アルプスとは地質構造のうえからも区分される)が占め,ボヘミアの森の南東部を合わせると国土の3/4は山地である。丘陵地,台地,低地は,アルプスの南東麓~東麓地域,ウィーン盆地およびアルプスとドナウ川間のアルプス前縁地に発達する。 東アルプスでは,地質構造が地形に反映し,主として結晶岩類,片岩類から成る中央アルプス帯が山地の中軸を構成し,その北側,南側にはきわめて顕著な東西方向の構造性縦谷が発達する。…

※「ウィーン盆地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone