コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェッツシュタイン Wetzstein, Johann Gottfried

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェッツシュタイン
Wetzstein, Johann Gottfried

[生]1815.2.19. エルスニッツ
[没]1905.1.18. ベルリン
ドイツの東洋学者。ダマスカス領事を経たのち,主としてベルリンに住んだ。旧約聖書の『雅歌』は,宗教的ないし諷喩的な意味にではなく,逐語的に恋歌として解釈すべきであると主張した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウェッツシュタインの関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ国家連合ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデスプルーインヘボン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android