コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雅歌 がか Shir Hashirim; Song of Solomon

6件 の用語解説(雅歌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雅歌
がか
Shir Hashirim; Song of Solomon

旧約聖書中の一書。いわゆる巻物に属す。原典では『ヨブ記』の次に位置するが,近代語訳では七十人訳聖書 (→セプトゥアギンタ ) に従って預言書の前にくる。著者がソロモンかどうかは疑わしく,内容的にはギリシア時代のもので,男女の愛あるいは勝利を歌った抒情詩のようでもあるが,ユダヤ教によれば神のイスラエルに対する愛を歌ったものであり,キリスト教ではキリストと教会の間の愛の関係を歌ったものとされており,解釈は定まっていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

が‐か【雅歌】

《「雅」は正しい意》みやびやかな歌。格式の高い歌。
《〈ラテン〉Canticum canticorum旧約聖書の中の一書。神とイスラエル民族、キリストと教会との間の愛の関係を歌ったものともされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

雅歌(うた)

矢代静一による戯曲。1954年、文学座により初演。1955年、第1回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

がか【雅歌 Song of Songs】

原語では〈歌の歌〉で,最もよき歌の意。旧約聖書中のいわゆる〈諸書〉に属する。この書が経典としての旧約に入れられた理由については,種々の説があるが,健全な男女の愛を神がよしとされたと見る見解が,現代ではいちばんわかりよいであろう。事実この書に含まれるものは男女間の愛を歌っており,その根幹は東地中海世界(エジプトを含む)にいちばん深く接したソロモン王の時代にさかのぼると思われる。しかしこの点については種々の説がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がか【雅歌】

(俗歌に対して)上品で趣のある歌。みやびやかな歌。
旧約聖書中の一書。男女の愛を歌う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雅歌
がか
Song of Songs

『旧約聖書』のなかの一書。ヘブライ語の原題は「歌の中の歌」で、もっとも優れた歌の意。ソロモン王の作に帰せられているが、ソロモンの名が本文中に何度も出てくるのをみると(1、3、8章)、かえってソロモンの作でないことは明らかである。雅歌には、男女がお互いに相手の美しさをたたえる歌が交互にみられるので、元来男女の愛を描いた戯曲的な作品であるという説もある。しかし、戯曲としての一貫した筋をたどることは困難である。むしろ古代イスラエルにおける結婚式の祝いの場で、さまざまに歌い交わされた歌を集めたとみるのが妥当であろう。雅歌の起源については明らかではないが、エジプトの恋愛詩などとの類似も指摘され、エジプトの影響が強かったソロモン王時代を考えることも不可能ではない。[木田献一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の雅歌の言及

【女神】より

…普遍的にみられる神表象であるが,とりわけ古代オリエント,地中海世界において重要な意義を担っていた。 旧約聖書《雅歌》に美しい花嫁賛歌がある。花嫁は,レバノン山の北の峰を越え,獅子(しし)の住む山,豹(ひよう)の住む山を越えてやってきた。…

【レオン】より

…サラマンカ大学教授となるが,異端審問にかけられ(1572),5年間獄中にあった。その一因は旧約聖書の《雅歌》をヘブライ語原典からカスティリャ語に翻訳注解したことにあったが,これは《雅歌》の恋愛詩としての美しさを際立たせた,優れた業績である。女性風俗に独自の観察をみせる《完全な妻》,著者の内面史でもある《ヨブ記解説》,内容・文体ともに完成された《キリストの名称》は,いずれもカスティリャ語で神学を扱った散文である。…

※「雅歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雅歌の関連キーワード旧約聖書バイブルヨブ記旧約ユダアザゼルエレミヤ哀歌旧約聖書学《旧約聖書の天文学》サライ(旧約聖書)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雅歌の関連情報