ウェンド人(読み)ウェンドじん

世界大百科事典 第2版の解説

ウェンドじん【ウェンド人】

西スラブ人ラテン語ではウェネティVeneti,ウェネディVenediと書かれる。ヨーロッパにはウェン,ウィンの語根を持つ地名が多く(ウィーンの古名ウィンドボナ,イタリアウェネティアなど),この名を持つ民族が広く住んでいたと思われる。おそらく前2千年紀にバルト海沿岸に住んでいたイリュリア人ウェネティが南下してイタリアへはいった後,バルト海沿岸に移り住んだスラブ人が周辺の民族から先住者の名をとってウェネティ,ウェネディと呼ばれたのであろう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウェンド人の言及

【ブランデンブルク】より

…土地はあまり肥沃でなく,沼沢が多い。紀元前2世紀ごろまでは,ゲルマン人の一部族のセムノネスが居住していたが,その後スラブ系のウェンド人がこの地に入り込んで定住した。
[辺境伯領の形成]
 10世紀はじめにドイツ王国が成立すると,国王オットー1世は,ウェンド人に対する防衛のため,この地域に辺境領ノルトマルクを設けた。…

※「ウェンド人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android