コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェーパ Weipa

1件 の用語解説(ウェーパの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウェーパ【Weipa】

オーストラリア,クイーンズランド州北部の鉱山町。人口2876(1976)。ヨーク岬半島北西岸に位置し,大規模なボーキサイト鉱床(埋蔵量30億t)の開発に伴って1956年に建設された。いわゆるカンパニータウンで,住民の2/3が鉱業関係者で占められる。採掘されたボーキサイト(年産約1000万t。同国最大)は,およそ半分がグラッドストンアルミナ精錬所へ移出され,残りは日本などへ輸出される。【谷内 達】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のウェーパの言及

【ヨーク岬半島】より

…半島の大部分でのおもな土地利用は粗放な肉牛の放牧で,人口は少なく,一般に未開発である。北部西岸のウェーパでは大規模にボーキサイトが採掘されている。岬名は1770年にJ.クックがヨーク公にちなんで命名した。…

※「ウェーパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェーパの関連情報