ウォリントン(英語表記)Warrington

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォリントン
Warrington

イギリスイングランド中西部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。リバプールマンチェスターのほぼ中間にあり,マージー川とマンチェスターシップ運河に臨む。マージー川北岸はランカシャー県,南岸はチェシャー県に属していた地域で,1974年の自治体再編によりチェシャー県の一部となり,1998年に単一自治体となった。ローマ時代には城壁に囲まれた都市であった。1651年,チャールズ2世の指揮するスコットランド軍がウォリントン橋で敗れた記録がある。リバプール―マンチェスター間ハイウェー網の結節点にあり,製鉄,製鋼,皮革,綿織物,化学,石鹸などの工業が行なわれている。単一自治体面積 181km2。都市人口 15万8195(2001)。単一自治体人口 19万4700(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android