コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォルツォーゲン,H.von うぉるつぉーげん

世界大百科事典内のウォルツォーゲン,H.vonの言及

【ライトモティーフ】より

…示(指)導動機と訳す。1871年にイェーンスFriedrich Wilhelm Jähns(1809‐88)が提唱した語で,ウォルツォーゲンHans von Wolzogen(1848‐1938)の《ニーベルングの指環》論(1876)において,初めてワーグナーの楽劇との関連で論じられた。ワーグナー自身はライトモティーフの語を否定したが(彼の用語では〈基礎主題Grundthema〉〈予感動機Ahnungsmotiv〉など),この手法は物語の劇的・心理的展開の手段としてきわめて効果的に活用されている。…

※「ウォルツォーゲン,H.von」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウォルツォーゲン,H.vonの関連キーワード官房学派パトチュカ利益法学ヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟ドクトル・マブゼSiemensシュレーゲルフンボルトモルトケ

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android