コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウカヤリ県 ウカヤリUcayali

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウカヤリ〔県〕
ウカヤリ
Ucayali

ペルー東部の県。県都プカイパ。アマゾン川源流ウカヤリ川上・中流部を占める。 1980年ロレト県南部が分離して成立。かつては孤絶した地域であったが,1945年リマと結ぶ道路が建設されてから急速に人口が増加した。大部分は湿潤な低地で,熱帯雨林気候であるが,最南部はサバナ的気候。農業地域で,バナナ,キャッサバトウモロコシ,イネを栽培し,ブタ,ウシを飼育する。ローズウッドはカヤオから輸出される。リマへの道路のほかは水路に頼り,ウカヤリ川流域にプエルトオリエンテ,アタラヤ (遡行上限) などの河港がある。面積 10万 2411km2。人口 23万 6800 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android