コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウジゴロド Uzhgorod

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウジゴロド
Uzhgorod

ウクライナ最西部,ザカルパート州州都。東カルパート山脈南麓,ティサ川支流ウジ川にのぞむ。8~9世紀に起源をもつスラブの古い都市で,カルパート越えのウジョク峠の南側の基点にあたることから,古くから交易,軍事の中心地として栄えた。 11世紀からハンガリーの支配下に入り,1919年チェコスロバキア領,38年ハンガリー領を経て,45~91年ソ連領。木材加工業 (合板,家具) が発達し,ほかに機械・器具,食品 (油脂) ,製靴などの工業がある。ウジゴロド大学 (1945) ,歴史博物館,絵画展示場 (15世紀建築の城内) などの教育・文化施設がある。市はカルパート地方の観光地の一つで,道路の分岐点になっている。スロバキア,ハンガリーと連絡する鉄道が通っている。人口 12万 3000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウジゴロドの関連キーワードムカチェボ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android