ウスバタケ(薄歯茸)(読み)ウスバタケ(英語表記)Irpex lacteus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバタケ(薄歯茸)
ウスバタケ
Irpex lacteus

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。カワラタケに近い革質の木材腐朽菌広葉樹の枯幹の表面に平らに広がるように生じる。縁は波状に巻返って,半円形の傘のようになる。厚さは 0.1~0.2cm,幅は1~4cmで表面は白く,短い絨毛をもち,環状の溝がある。下面子実層を生じ,小歯牙状で白ないし黄白色。日本全土にみられ,北アメリカヨーロッパ,中国,シベリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android