コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバタケ(薄歯茸) ウスバタケ Irpex lacteus

1件 の用語解説(ウスバタケ(薄歯茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスバタケ(薄歯茸)
ウスバタケ
Irpex lacteus

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。カワラタケに近い革質の木材腐朽菌広葉樹の枯幹の表面に平らに広がるように生じる。縁は波状に巻返って,半円形の傘のようになる。厚さは 0.1~0.2cm,幅は1~4cmで表面は白く,短い絨毛をもち,環状の溝がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウスバタケ(薄歯茸)の関連キーワードハリタケ(針茸)えぶりこ猿の腰掛猪苓茯苓針茸シメジホウキタケアンズタケ(杏茸)サルノコシカケ(猿腰掛)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone