コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウムカイス Umm Qais

デジタル大辞泉の解説

ウム‐カイス(Umm Qais)

ヨルダン北西部の町。イスラエルとの国境近く、ゴラン高原ガリラヤ湖を望む丘の上に位置する。古代ギリシャ、ローマ時代の都市遺跡があり、新約聖書に登場するデカポリス(十都市連盟)の一つ、ガダラがあった場所とされる。劇場、聖堂、浴場などの遺構が見られる。ウンムカイス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例