ウムシャイフ油田(読み)ウムシャイフゆでん(英語表記)Umm Shaif oil field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラブ首長国連邦のアブダビ沖合いに位置する油田。1958年ブリティシュ・ペトロリアム(→BP)とフランセーズ・デ・ペトロールの合弁会社であるアブダビ・マリン・エアリア ADMAが発見した。究極的可採埋蔵量(→可採埋蔵量)22億バーレル (1バーレルは約 159l) で,1962年に生産を開始。1980年上半期には1日 25万バーレルの生産を記録。原油はザクム原油とともにダス島から出荷されている。性状は API比重 37度,硫黄分 1.38重量%。大規模な水攻法による 2次回収が計画されている。なお ADMAには 1973年ジャパン石油開発が参加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android