コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水攻法 すいこうほう water flooding

2件 の用語解説(水攻法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水攻法
すいこうほう
water flooding

石油の2次回収法の一つ。油層の噴出圧を高める目的で,人工的に水を油層内に圧入し,油やガスを採油井から採取しやすくするもの。油層の性状により,水攻法を適用したときの効果には差があって,追加投資の割には生産増量分が小さく,経済性がない場合もあるが,一般には回収率を上げるのに有効な方法である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいこうほう【水攻法】

原油の採取法の一。油層内に水を圧入し、原油を押し出して採油する方法。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水攻法の言及

【採油】より

…これを二次回収法という。水を圧入する水攻法は歴史も古く,1930年ころからアメリカを中心に,最も広く実施されている。これは,圧入する流体としては水が最も安価で豊富に得られるし,取扱いも容易であることによる。…

【油田】より

…シミュレーションの結果は,油田の技術的・経済的評価のための基礎となるものである。油層の圧力維持のためにガス(ガス圧入法)または水(水攻法)を層内へ圧入する二次回収作業(二次回収法,二次採油)は,一応20世紀のはじめから実施されてきた。これによって一般に回収率が5~30%向上することが期待される。…

※「水攻法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水攻法の関連キーワード含油層請負徴収法石油危機(oil crisis)噴出相シンプソン則(石油)一次回収三次回収法増進回収法二次回収法熱回収法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone