ウラン酸塩(読み)ウランさんえん(英語表記)uranate

世界大百科事典 第2版の解説

ウランさんえん【ウラン酸塩 uranate】

一般式MI2UnO3n+1(MIは1価金属,n=1~6)で表される化合物の総称。n=1のときのMI2UO4を(一)ウラン酸塩,n=2のMI2U2O7を二ウラン酸塩(俗に重ウラン酸塩ともいう),n=3のMI2U3O10を三ウラン酸塩などという。なお,このほかにMI4UO5,MII3UO6などを含めていうこともある。一般に橙色ないし黄色の結晶である。最も普通に知られているのは二ウラン酸塩で,たとえばウラニル(VI)塩[UO2]X2(Xは1価の酸基)水溶液に金属水酸化物を加えると沈殿し,アンモニアを加えると二ウラン酸アンモニウム(NH4)2U2O7が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android