コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン酸塩 ウランさんえんuranate

1件 の用語解説(ウラン酸塩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウランさんえん【ウラン酸塩 uranate】

一般式MI2UnO3n+1(MIは1価金属,n=1~6)で表される化合物の総称。n=1のときのMI2UO4を(一)ウラン酸塩,n=2のMI2U2O7を二ウラン酸塩(俗に重ウラン酸塩ともいう),n=3のMI2U3O10を三ウラン酸塩などという。なお,このほかにMI4UO5,MII3UO6などを含めていうこともある。一般に橙色ないし黄色の結晶である。最も普通に知られているのは二ウラン酸塩で,たとえばウラニル(VI)塩[UO2]X2(Xは1価の酸基)水溶液に金属水酸化物を加えると沈殿し,アンモニアを加えると二ウラン酸アンモニウム(NH4)2U2O7が得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone