コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラン酸塩 ウランさんえんuranate

世界大百科事典 第2版の解説

ウランさんえん【ウラン酸塩 uranate】

一般式MI2UnO3n+1(MIは1価金属,n=1~6)で表される化合物の総称。n=1のときのMI2UO4を(一)ウラン酸塩,n=2のMI2U2O7を二ウラン酸塩(俗に重ウラン酸塩ともいう),n=3のMI2U3O10を三ウラン酸塩などという。なお,このほかにMI4UO5,MII3UO6などを含めていうこともある。一般に橙色ないし黄色の結晶である。最も普通に知られているのは二ウラン酸塩で,たとえばウラニル(VI)塩[UO2]X2(Xは1価の酸基)水溶液に金属水酸化物を加えると沈殿し,アンモニアを加えると二ウラン酸アンモニウム(NH4)2U2O7が得られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウラン酸塩の関連キーワードウラン(放射性元素)イエローケーキ二ウラン酸塩重ウラン酸塩アンモニア化合物水溶液製錬酸基X2

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android