コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリヤンハタイ Uriyangkhatai

1件 の用語解説(ウリヤンハタイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウリヤンハタイ【Uriyangkhatai】

モンゴル帝国の武将スベテイの子。生没年不明。定宗グユクの東マンチュリア討伐,バトゥの西征に従軍。グユクの死後,トゥルイ家の宿老として憲宗モンケの即位に尽力した。1253年のフビライハーンの雲南遠征には副将となり,フビライ帰還後も残留して征討を続けた。57年モンケの南宋親征が始まると,安南を経由して,広西・湖南・江西と南宋領の中央部を突破し,鄂州のモンゴル軍に合流した。その後の動向は確定し難い。【杉山 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone