コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリヤンハタイ Uriyangkhatai

1件 の用語解説(ウリヤンハタイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウリヤンハタイ【Uriyangkhatai】

モンゴル帝国の武将スベテイの子。生没年不明。定宗グユクの東マンチュリア討伐,バトゥの西征に従軍。グユクの死後,トゥルイ家の宿老として憲宗モンケの即位に尽力した。1253年のフビライハーンの雲南遠征には副将となり,フビライ帰還後も残留して征討を続けた。57年モンケの南宋親征が始まると,安南を経由して,広西・湖南・江西と南宋領の中央部を突破し,鄂州のモンゴル軍に合流した。その後の動向は確定し難い。【杉山 正明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウリヤンハタイの関連キーワードオノン川韃靼蒙古帝国目連モンゴル語モンゴル帝国モンゴル文字ハイドゥ蒙古杉山正明

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone