杉山(読み)スギヤマ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 杉の木の多くはえた山。杉の植林のある山。
※義経記(室町中か)五「七人もむかひのすぎ山の中よりかすかに鬨を合はせけり」
[2] 治承四年(一一八〇)源頼朝が石橋山から敗走した時に隠れたといわれる山。神奈川県湯河原町北部あたりという。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)八月二三日「至暁天、令于武衛椙山之中給」
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉山の関連情報