コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グユク

世界大百科事典 第2版の解説

グユク【Güyük】

1206‐48
モンゴル帝国の第3代皇帝。在位1246‐48年。廟号は定宗。オゴタイ・ハーンの長子。彼の即位には帝室の長老バトゥの反対があり,帝国の統一に乱れが生じた。即位後,空位時代の政治の混乱を是正し,帝権の回復に努め,南宋を攻め,西アジア攻撃の先鋒軍を派遣した。そしてみずからは西征軍の本隊を率いるつもりであったが,まもなく病死した。なおその治世にはネストリウス派が帝室内に相当勢力をもっていた。【吉田 順一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

グユクの関連キーワードアブドゥル・ラフマーン(奥都剌合蛮)オグル・ガイミシュ(斡兀立海迷失)エルジギデイ(按只吉歹)イェルワジ(牙老瓦赤)トレゲネ(脱列哥那)オゴタイ・ハーン国カラコルム(和林)シレムン(失烈門)スブタイ(速不台)オゴタイ・ハン国マスウード・ベイオゴデイ・ハン国チャガン(察罕)グユク(貴由)ウリヤンハタイモンケ(蒙哥)クチュ(曲出)モンケ・ハンロンジュメルグユク・ハン