コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グユク

2件 の用語解説(グユクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グユク

モンゴル帝国第3代皇帝(元の定宗)。漢字では貴由。オゴタイ・ハーンの長子。1246年即位。南宋()や高麗への遠征を進めたが,まもなく病死。
→関連項目クリルタイ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グユク【Güyük】

1206‐48
モンゴル帝国の第3代皇帝。在位1246‐48年。廟号は定宗。オゴタイ・ハーンの長子。彼の即位には帝室の長老バトゥの反対があり,帝国の統一に乱れが生じた。即位後,空位時代の政治の混乱を是正し,帝権の回復に努め,南宋を攻め,西アジア攻撃の先鋒軍を派遣した。そしてみずからは西征軍の本隊を率いるつもりであったが,まもなく病死した。なおその治世にはネストリウス派が帝室内に相当勢力をもっていた。【吉田 順一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グユクの関連情報