ウルマン(読み)うるまん(英語表記)Regina Ullmann

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルマン(Regina Ullmann)
うるまん
Regina Ullmann
(1884―1961)

スイスの女流作家。ザンクト・ガレンに生まれる。早くからミュンヘンで創作活動に入り、リルケにその「純粋な詩的才能」を認められた。夢想的な『詩集』(1919)を残しているが、今日ではむしろ、素朴で写実的な短編小説の才能を評価されている。2巻の『作品集』(1960)に収められた短編小説は、目だたない人々や見捨てられた人々の生活をユーモアに満ちた筆致で描き、ケラー以来のスイス散文の伝統を受け継いでいる。[岩村行雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルマンの関連情報