短編小説(読み)たんぺんしょうせつ(英語表記)short story

翻訳|short story

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

短編小説
たんぺんしょうせつ
short story

短い虚構の物語。長編小説 novelとの違いは,作中人物の性格が事件を通じて展開,発展するよりは,集約的な構成のなかで人生の一断面をとらえ,その特徴の一面が強調される点にある。短編小説発達は雑誌という発表機関の発達と深くかかわり,その技法の理論家として有名なのは,E.A.ポーである。彼は半時間から2時間で読了できるような,集中的効果を与える作品を考え,その理論に基づいて実作を試みた。短編小説はポーを先駆に,ロシアのチェーホフやフランスのモーパッサンらによって完成に達した。近代日本文学において占める位置はさらに重要で,「私小説」 (志賀直哉ら) ,伝統的な「説話文学」 (芥川龍之介ら) との関連など多様な発達を示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たんぺんしょうせつ【短編小説】

長さの短い小説。内容的には主題が明確で、緊密な構成の作品が多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

短編小説
たんぺんしょうせつ
short story英語
conteフランス語
Novelleドイツ語

名のとおり、分量的に短い小説をさす。中編小説との境界は判然としないが、普通、400字詰め原稿用紙で100枚以内の分量のものと考えて差し支えない。欧米ではボッカチオの『デカメロン』に端を発し、雑誌ジャーナリズムの発生と同時に、アメリカのポー、フランスのメリメ、ドイツのホフマンらの優れた短編作家を輩出した。さらに19世紀後半の新聞ジャーナリズムの興隆によって、形式のうえでいっそう凝縮した短編の黄金時代を迎え、フランスのモーパッサン、アナトール・フランス、フィリップ、ロシアのチェーホフ、アメリカのオー・ヘンリーらの名手を生んだ。しかし新聞発行部数の巨大化した現今では、かえって需要が減り、ジャンルとして衰退に向かっている。日本では、明治以降の小説がもっぱら文芸雑誌を発表機関としてきたため、短編小説がごく最近まで主流をなしていた。森鴎外(おうがい)、志賀直哉(なおや)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)らが代表的な短編作家といえよう。中国では、魯迅(ろじん)の短編が有名である。分量的制約があるために、短編小説は単一の筋と緊密な構成と簡潔な文体を特徴とし、長編小説が拡散的で悠揚迫らざる語り口のうちに現実の多面性を再現しようとするのに対して、ある角度、ある個性によって鋭角的に把握された現実の一断面だけを表現する傾向がある。それだけに、思想的深さに欠ける欠点はあるが、高度に知的な読み物となることもできるジャンルといえる。[平岡篤頼]
『平岡篤頼著『文学の動機』(1979・河出書房新社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

短編小説の関連情報