ウルムスタコ山(読み)うるむすたこさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルムスタコ山
うるむすたこさん / 烏魯穆斯塔格山

中国、チベット自治区北部にある山。別名ムスタコ山。北緯35度57分、東経80度14分に位置する。チャンタン高原の北縁を限り、新疆(しんきょう/シンチヤン)ウイグル自治区との境界をなしている崑崙(こんろん/クンルン)山脈の主峰であり、アルコ山脈に属している。標高は従来7723メートルとされていたが、最近は6973メートルまたは7228メートルが用いられる場合もある。[酒井敏明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android