コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアリーの円盤 Airy's disc

法則の辞典の解説

エアリーの円盤【Airy's disc】

光学系が点光源を結像するときに生じる明るく円盤状に広がったスポットと,そのまわりにできる環からなるパターンのこと.回折図形の一種でもある.エアリーはこのパターンの強度分布が一次のベッセル関数で表現できることを示し,この回折強度は垂直入射光と回折光との間の角度を θ,sinθ を w としたとき {2J1kaw)/kaw2 に比例する.ここで k=2π/λ,λ は波長,a は定数で J1 は第一種一階のベッセル関数である.また中央の円板の半径は(0.61λ/nsinU) となることを導いた.ここで λ は真空中の光の波長,U は開口部から像側にできる光錐の開き角度の半分,n は像側の屈折率である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

エアリーの円盤の関連キーワード波長

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android