コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エウヘメロス エウヘメロスEuhēmeros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エウヘメロス
Euhēmeros

前 300年頃のギリシアの作家。マケドニア王カサンドロスに仕えた。神々は人々が崇拝する英雄や征服者が神格化されたもので,神話は歴史的事実に基づくものであると説いた。著書『神聖なる書』 Hiera Anagraphē。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のエウヘメロスの言及

【ギリシア神話】より

…寓意的解釈の濫觴(らんしよう)であった。今一つの有力な神話の合理的解釈であるエウヘメリズムeuhemerismもヘレニズム時代のギリシア人エウヘメロスEuhēmerosに由来する。神々といっても,もとは有力な事績を残した人物にすぎなかったとするこのエウヘメリズムは,後のキリスト教教父たちが異教の神々をおとしめるかっこうの武器となったものであった。…

※「エウヘメロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エウヘメロスの関連キーワードギリシア神話

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android