コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカテリーナ エカテリーナEkaterina

2件 の用語解説(エカテリーナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エカテリーナ(Ekaterina)

エカチェリーナ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

エカテリーナ【Ekaterina】

(一世)(1684~1727) ロシアの女帝(在位1725~1727)。ピョートル一世の後妻となり、帝の死後即位。科学アカデミーや枢密院などを創立。
(二世)(1729~1796) ロシアの女帝(在位1762~1796)。ピョートル三世の妃で、夫を廃して即位。啓蒙専制君主を自認したが、プガチョフの乱(1773~1775)以後、農奴制を拡大し専制を強化。オスマン帝国を破り黒海に進出、ポーランド分割により領土を拡張。 〔英語名キャサリン〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エカテリーナの関連情報