コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エカテリーナ Ekaterina

大辞林 第三版の解説

エカテリーナ【Ekaterina】

(一世)(1684~1727) ロシアの女帝(在位1725~1727)。ピョートル一世の後妻となり、帝の死後即位。科学アカデミーや枢密院などを創立。
(二世)(1729~1796) ロシアの女帝(在位1762~1796)。ピョートル三世の妃で、夫を廃して即位。啓蒙専制君主を自認したが、プガチョフの乱(1773~1775)以後、農奴制を拡大し専制を強化。オスマン帝国を破り黒海に進出、ポーランド分割により領土を拡張。 〔英語名キャサリン〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エカテリーナの関連キーワードサンクトスタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキペテルブルグからモスクワへの旅ロイヤル・コペンハーゲン磁器アルフレッド サヴォワールエカテリーナ カルステンピエトロ・イル・グランデサンクトペテルブルグエルミタージュ美術館ユリア メルクロワエカテリーナII世ボロビコフスキースモーリヌイ聖堂エカテリーナ宮殿アンドレイ教会プガチョフの乱ピョートル2世ピョートル3世フォンビージンロモノーソフ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エカテリーナの関連情報