コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エクトカルパス Ectocarpus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エクトカルパス
Ectocarpus

シオミドロ (塩水泥) 。褐藻類シオミドロ目シオミドロ科に属する小海藻。藻体は単列の円筒形の細胞から成り,糸状であるが,多少分岐を重ねて総状を呈する。下端の仮根で海中の石や木ぐいなどに付着する。この藻体のある枝には1室から成る胞子嚢を生じ,2本の異形の側毛をもつ遊走子が,多数泳出する。また他の枝には多室の配偶子嚢を生じ,この中に生じる配偶子は遊走子と同様に2本の異形の側毛をもち,泳出してのち,他の配偶子と接合を行う。この運動性の配偶子の接合について,M.ハルトマンは,ある物質の量的な差によって性現象が起るので,同じ配偶子が相手によって異なる性を示すという「相対的雌雄性」 relative Sexualitätの説を提唱した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android