コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジプト人福音書 エジプトびとふくいんしょGospel according to the Egyptians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エジプト人福音書
エジプトびとふくいんしょ
Gospel according to the Egyptians

偽福音書の1つ。アレクサンドリアクレメンス,テオドトス (2世紀のグノーシス異端者) ,ヒッポリュトス,オリゲネスエピファニオスらがこの書について言及しているが,わずかな断片しか伝わっていない。エンクライト派,サベリウス派など初期キリスト教の異端によって用いられていたことが知られ,結婚反対など強い禁欲主義的傾向と,三位一体論ではモダリズムの傾向を示している。初めギリシア語で書かれ,2世紀前半エジプトで成立したらしい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

エジプト人福音書の関連キーワードトマス福音書サベリウス偽福音書

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android