コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスフィグメヌ修道院 エスフィグメヌシュウドウイン

1件 の用語解説(エスフィグメヌ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エスフィグメヌ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【エスフィグメヌ修道院】

Moni EsphigmenouΜονή Εσφιγμένου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山修道院。半島北東岸の海沿いに位置する。10世紀末の創設とされる。14世紀にコンスタンチノープル総主教アサナシオス1世や、神秘主義神学者グレゴリオス=パラマス一時期滞在していた。主聖堂は19世紀初頭の建造。現在も共住修道士らが初期キリスト教の原始共産性的な共同生活を営んでいる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

エスフィグメヌ修道院の関連キーワードデモンズデモンズ2

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone