コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスフィグメヌ修道院 エスフィグメヌシュウドウイン

1件 の用語解説(エスフィグメヌ修道院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エスフィグメヌ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【エスフィグメヌ修道院】

Moni EsphigmenouΜονή Εσφιγμένου》ギリシャ北部、ハルキディキ半島にある東方正教会の聖地アトス山修道院。半島北東岸の海沿いに位置する。10世紀末の創設とされる。14世紀にコンスタンチノープル総主教アサナシオス1世や、神秘主義神学者グレゴリオス=パラマス一時期滞在していた。主聖堂は19世紀初頭の建造。現在も共住修道士らが初期キリスト教の原始共産性的な共同生活を営んでいる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エスフィグメヌ修道院の関連キーワードアギウパブル修道院カスタモニトゥ修道院カラカルウ修道院シモノスペトラス修道院ゾグラフ修道院大メテオロン修道院パンドクラトロス修道院ヒランダリウ修道院フィロセウ修道院メタモルフォシス修道院

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone