コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エダクダクラゲ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エダクダクラゲ

ニンギョウヒドラ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダクダクラゲ
えだくだくらげ / 枝管水母
[学]Proboscidactyla flavicirrata

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目エダクダクラゲ科に属するクラゲ。傘は高さ15ミリメートル、直径20ミリメートルほどに達し、4~5本の放射管は何度か分岐して傘縁に達し、そこから触手を出している。触手は成体では100本以上に達する。また、傘縁からは多数の刺胞列が上方に向いて並んでいる。本州中部以北の沿岸に普通にみられる。なお、ニンギョウヒドラとよばれるものは本種のポリプ型である。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エダクダクラゲの関連キーワード人形水螅枝管水母

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エダクダクラゲの関連情報