エダクダクラゲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エダクダクラゲ
えだくだくらげ / 枝管水母
[学]Proboscidactyla flavicirrata

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱ヒドロイド目エダクダクラゲ科に属するクラゲ。傘は高さ15ミリメートル、直径20ミリメートルほどに達し、4~5本の放射管は何度か分岐して傘縁に達し、そこから触手を出している。触手は成体では100本以上に達する。また、傘縁からは多数の刺胞列が上方に向いて並んでいる。本州中部以北の沿岸に普通にみられる。なお、ニンギョウヒドラとよばれるものは本種のポリプ型である。[山田真弓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android