コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エッゲルト Eggert, Udo

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

エッゲルト Eggert, Udo

1848-1893 ドイツの経済学者。
1848年6月19日生まれ。ゲッチンゲン大教授などをへて明治20年(1887)来日。帝国大学で理財学,財政学をおしえる。大蔵省顧問をかね,「日本振農策」をあらわした。明治26年2月28日鎌倉で病死。44歳。ザクセン出身。ゲッチンゲン大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

エッゲルト

没年:明治26.3.1(1893)
生年:1848.6.19
明治20(1887)年,お雇い外国人教師として来日したドイツの経済学者。プロシャのザクセン州に生まれ,ハレ,ライプチッヒ,ゲッチンゲンの各大学で学び,理財学(経済学)および財政学の博士号を受ける。東京帝国大学法科大学教授として理財学・財政学を講義。23年からは大蔵省顧問を兼ねる。24年,地租の金納化と貨幣経済の浸透により,深刻な経済状態に置かれていた当時の農業・農村の改革案というべき『日本振農策』を発表。ヨーロッパの農業制度の例をひきつつ,農業金融,農業保険,大規模経営の促進などによる資本家的農業への道を提唱した。帰国を間近にひかえて鎌倉で病死した。<著作>織田一訳『日本振農策』(近藤康男編『明治大正農政経済名著集』3巻)

(田中学)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

エッゲルトの関連キーワード未完成交響楽マイエットM. サハ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android