コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田清輝 くろだ せいき

美術人名辞典の解説

黒田清輝

洋画家。鹿児島県生。号は水光。伯父黒田清綱養嗣子となる。法律研究のためパリに留学中、山本芳翠らを知り洋画を志す。久米桂一郎と画塾天真道場を設立、また久米・藤島武二らと白馬会を結成し、明治洋画壇革新の中心人物となった。東美校西洋画科初代教授。帝室技芸員。国民美術協会会頭。帝国美術院長。貴族院議員。大正13年(1924)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろだ‐せいき【黒田清輝】

[1866~1924]洋画家。鹿児島の生まれ。清綱養嗣子。渡仏してラファエルコランに師事。帰国後、外光派の画風を日本に導き入れ、久米桂一郎とともに天真道場を開き、のち白馬会を設立。また、東京美術学校西洋画科で指導に当たり、洋画界発展に寄与した。貴族院議員としても活躍。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黒田清輝【くろだせいき】

洋画家。本名は〈きよてる〉と読む。鹿児島生れ。1884年法律研究のためパリに留学したが,絵画を志してR.コランに師事。1893年外光派を学んで帰国し,久米桂一郎と天真道場を開設,1896年白馬会を創立,さらに1898年東京美術学校教授となり,外光派を明治洋画壇の主流にのし上げた。
→関連項目印象主義岡田三郎助鹿児島市立美術館神奈川県立近代美術館杉浦非水藤島武二牧野虎雄明治美術会山下新太郎和田英作

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田清輝 くろだ-せいき

1866-1924 明治-大正時代の洋画家。
慶応2年6月29日生まれ。伯父黒田清綱(きよつな)の養子。明治17年法律研究のためフランスに留学。ラファエル=コランにまなび,画家を志望。帰国後の29年久米桂一郎らと白馬会を結成。外光派とよばれるあかるい画風は洋画界の主流となった。31年東京美術学校教授,のち帝国美術院院長。貴族院議員。大正13年7月15日死去。59歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。本名は清輝(きよてる)。作品に「朝妝(ちょうしょう)」「舞妓」「湖畔」など。
【格言など】始終骨なし人形ばかり描いていて,いつまでも美術国だといっていられるか

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒田清輝

没年:大正13.7.15(1924)
生年:慶応2.6.29(1866.8.9)
明治大正期の洋画家。鹿児島(薩摩)藩士黒田清兼の子。鹿児島生まれ。幼名新太郎,号に水光。明治4(1871)年伯父黒田清綱の養嗣子となり,翌年から東京平河町の清綱邸で育つ。築地英学校,外国語学校フランス語科などに学ぶかたわら,高橋由一門下の細田季治に鉛筆画を教わったのが洋画との最初のかかわりであった。17年法律研究を目的にパリに私費留学,山本芳翠を知り,翌年藤雅三の通訳として外光派の画家ラファエル・コランに接し,自己の画才に目覚めた。19年画学研究への転向を決意しコランに入門,翌年から画学に専念した。この間,久米桂一郎と同門となり,終生の交友を始める。留学後半期の23年からは,ロアン河沿いの小村グレーを制作拠点とし,印象派風の作品や構想画を手がけた。パリのふたつのサロンにそれぞれ入選した「読書」(東京国立博物館蔵)と「朝妝」(焼失)が留学期の代表作。26年帰国し,翌年久米と画塾天真道場を開設,29年には美術団体白馬会を結成,この間に外光表現による清新な画風で青年画家たちを魅了し,明治洋画壇革新の中心人物となった。 一方,29年創設の東京美術学校(東京芸大)西洋画科の初代教授として,40年の文展開設に至る間,日本アカデミスム形成の確立者としての役割もになった。制作上では,留学後半期から帰国後の10年間位が最高潮期で,作品には「舞妓」(東京国立博物館蔵)や初期白馬会展に発表した「昔語り」「智・感・情」,「湖畔」(東京国立文化財研究所蔵)などがある。43年,洋画家として最初の帝室技芸員となった。文展開設前後から,「鉄砲百合」(石橋美術館蔵),「木莓」など平明だが芳醇な味わいを持つ外光表現による独自の画風を展開し,「昔語り」のような構想画制作からは遠ざかった。大正2(1913)年国民美術協会創立に際し会頭に就任,6年子爵を継ぎ9年に貴族院議員に当選,11年には森鴎外のあとを受け帝国美術院長となるなど,次第に美術行政家としての側面を強めた。遺文を集めた論集に『絵画の将来』がある。

(三輪英夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くろだせいき【黒田清輝】

1866‐1924(慶応2‐大正13)
洋画家。本名は〈きよてる〉と読む。薩摩藩士黒田清兼の長子として鹿児島に生まれ,伯父黒田清綱(1830‐1917)の養子となり,1872年(明治5)上京。清綱は元老院議官,歌人としても知られた。84年法律勉強のために渡仏したが,87年法律学習を放棄して絵画に専念,R.コランに師事し,アカデミー・コラロッシで学んだ。滞仏末期の90‐92年,パリ郊外のグレー村に滞在し,《読書》《婦人像(厨房)》などを制作,93年パリの春のサロンに《朝妝(ちようしよう)》(焼失)を発表し帰国した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

くろだせいき【黒田清輝】

1866~1924) 洋画家。鹿児島県生まれ。フランスでラファエル=コランに師事し外光派を学ぶ。帰国後、白馬会を創立し美術運動を展開。東京美術学校初代教授として西洋画を指導。また文展および帝国美術院の創立に尽力。代表作「読書」「朝妝」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒田清輝
くろだせいき

[生]慶応2(1866).6.29. 鹿児島
[没]1924.7.15. 東京
洋画家。本名清輝 (きよてる) 。黒田清兼の子で伯父黒田清綱子爵の養子となり,明治5 (1872) 年上京。初め東京外国語学校でフランス語を学び,1884年法律研究のため渡仏したが,途中で洋画研究に転じて R.コランに師事し画作に没頭。 1891年パリのサロンに『読書』 (東京国立博物館) が,1893年『朝妝 (ちょうしょう) 』 (戦災で焼失) が入選。同 1893年帰国して翌 1894年に久米桂一郎と,のち白馬会洋画研究所となった画塾天真道場を創設。 1896年東京美術学校西洋画科設置とともに講師,のち教授として後進の指導にあたり,フランス外光派の明るい作風を日本画壇に伝えた。 1900年文部省の命でフランスへ留学,滞仏中パリ万国博覧会に『湖畔』 (1897,東京文化財研究所) ,3部作『智・感・情』 (1899,同) を出品して銀賞を受賞。帰国後は帝室技芸員,国民美術協会会頭,帝国美術院院長となって日本の洋画のアカデミズムの伝統を築き,また子爵,貴族院議員として海外の文化交流にも貢献。作品の多くは,遺志により 1930年につくられた美術研究所 (→東京文化財研究所 ) 内の黒田記念室に残された。その他の主要作品には『舞妓』 (1893,東京国立博物館,重要文化財) ,『鉄砲百合』 (1909,石橋美術館) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒田清輝
くろだせいき
(1866―1924)

洋画家。明治中期初めて日本に印象派系絵画を移入し、かつ美術教育兼行政家として活躍した。慶応(けいおう)2年6月29日鹿児島市に生まれる。幼名新太郎。伯父清綱の養嗣子(ようしし)となり、1872年(明治5)上京、のち1884年法律研究のためフランスに留学する。アカデミー・コラロッシのラファエル・コラン教室に入り、画学をも修業するが、やがて井上哲次郎にさとされ、法律学校を退いて画家の道に専念する。ベルギー、オランダへたびたび旅行。諸サロンに出品。1893年春、ソシエテ・ナシオナル・デ・ボザールに『朝妝(ちょうしょう)』を出品し、夏帰国する。翌年久米桂一郎(くめけいいちろう)と天真道場を設けて後進の指導にあたるほか、日清(にっしん)戦争に従軍。1896年には東京美術学校に新設された西洋画科の主任となり、本格的なフランス式の美術教育を開始するとともに、同志たちと白馬会(はくばかい)を創立し、洋画研究所をも設立した。こうして黒田は日本に初めて明るい印象派系の絵画を移入し、洋画界の近代化を大いに推進した。また1900~01年(明治33~34)ふたたび渡仏し、パリ万国博覧会に出品した『智(ち)・感・情』は銀賞を受けた。内外の博覧会審査官、文展審査員を務め、また洋画家として最初の帝室技芸員(1910)に任命された。1913年(大正2)創設の国民美術協会会頭、1917年養父の死去に伴って子爵を継ぎ、1920年には貴族院議員に当選するなど、概して晩年は美術行政の分野で大いに活躍した。さらに1922年には森鴎外(おうがい)の後を受けて第2代帝国美術院院長に就任、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章ほかを受けた。大正13年7月15日没。その遺志により美術研究所(現東京文化財研究所美術部)が創設された。また同研究所内に黒田記念近代現代美術研究室が設けられている。代表作『読書』、『舞妓(まいこ)』(重要文化財)、『湖畔』(重要文化財)、『木苺(きいちご)』などがある。[小倉忠夫]
『隈元謙次郎著『黒田清輝』(1966・日本経済新聞社) ▽黒田清輝著『絵画の将来』(1983・中央公論美術出版) ▽『新潮日本美術文庫27 黒田清輝』(1997・新潮社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の黒田清輝の言及

【黒田清輝】より

…洋画家。本名は〈きよてる〉と読む。薩摩藩士黒田清兼の長子として鹿児島に生まれ,伯父黒田清綱(1830‐1917)の養子となり,1872年(明治5)上京。清綱は元老院議官,歌人としても知られた。84年法律勉強のために渡仏したが,87年法律学習を放棄して絵画に専念,R.コランに師事し,アカデミー・コラロッシで学んだ。滞仏末期の90‐92年,パリ郊外のグレー村に滞在し,《読書》《婦人像(厨房)》などを制作,93年パリの春のサロンに《朝妝(ちようしよう)》(焼失)を発表し帰国した。…

【印象主義】より

…外国においてはヨーロッパの内外を問わず,広く印象主義を吸収する動きがあり,それぞれの国の美術の特質に従ってさまざまに翻訳された。後期印象派新印象主義【馬渕 明子】
[印象主義と日本の近代美術]
 日本における印象主義の導入は,1893年(明治26),黒田清輝,久米桂一郎(1866‐1934)がフランスから帰国して画壇に新風をもたらしたことに始まる。黒田の渡仏は1884年,久米は86年で,後者の渡仏年に印象派グループの最後の展覧会が開かれた。…

【官展】より

…これは,日本美術,洋風美術それぞれの新旧諸流派が対立し反目し合う美術界に共通の場を与え,抗争を収拾して美術の振興を図ることを目的として設けられたもので,その年の6月,勅令をもって官制が発布され,10月から11月にかけて上野公園で第1回展が開催された。東京帝国大学教授大塚保治の建議,正木直彦や黒田清輝らの運動が開設をうながしたという。時の首相は西園寺公望,文相は牧野伸顕であった。…

【明治・大正時代美術】より

…このなかでは浅井忠がフォンタネージの画風をよく生かして,《春畝》(1889)や《収穫》(1890)のように田園風物詩的なすぐれた作品を生んで傑出している。またミュンヘンに留学してドイツ歴史画派のガブリエル・マックスに師事した原田直次郎は,確かな表現力によって次代を担うホープとして期待されたが,92年脊髄病に倒れて再び立たず(1899年37歳で夭折),彼に代わるように,93年黒田清輝がフランスから帰国する。 ブーグロー,カバネルのアカデミストにつき,バスティアン・ルパージュの外光描写をとり入れた折衷様式の画家R.コランが黒田の師であった。…

【山本芳翠】より

…1880年代のパリ画壇で認められていた唯一の日本人画家といえるが,87年の帰国に際して作品を積み込んだ巡洋艦〈畝傍〉が沈没して滞欧時代の作品は消失。黒田清輝の画才を高く評価して,法律学から画家へ転身させる契機をもたらしたのは芳翠である。そうした関係で帰国後に開設した画塾生巧館を黒田にゆずり,みずからも白馬会に参加した。…

※「黒田清輝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

黒田清輝の関連キーワードグレシュルロアン大久保作次郎安宅安五郎鈴木信太郎太田喜二郎隈元謙次郎上野山清貢中村勝治郎佐久間文吾岸田劉生太田三郎小寺健吉小林万吾鈴木保徳青山熊治和田三造野口謙蔵中沢弘光金山平三萩谷巌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田清輝の関連情報