コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農民解放 のうみんかいほう

百科事典マイペディアの解説

農民解放【のうみんかいほう】

農民が封建地代から解放されて独立自営農民になること。封建末期には地代金納化や農業生産力の上昇で,農民の剰余生産物の蓄積が増大し経済外的強制から解放される。その程度は各国資本主義の発展度に左右され,逆に解放形態の差が,その後の農民層分解や資本主義の展開構造に影響を与える。
→関連項目小作制度

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のうみんかいほう【農民解放】

中世以来領主制の支配下にあった農民を,その隷属状態から解放して自由な農業経営者たらしめるため,18世紀末から19世紀にかけてヨーロッパ各国で行われた改革。農業制度を資本主義体制に順応させるための改革ともいいうる。中世末の農奴解放とは概念的に区別される。改革の内容は大別して,(1)農民の人格的自由の承認,(2)賦役,貢租,十分の一税等の物的負担からの解放,(3)農民の土地所有権の確認,の3点から成るが,革命を通じて領主の諸権利を全面的に廃棄したフランスを除き,一般には農民による領主への補償金(権利の買戻金)支払を条件としており,その補償条件を含めて解放の様態は国によりさまざまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農民解放の関連キーワードシュタイン(Heinrich Friedrich Karl Reichsfreiherr vom und zum Stein)シュタイン=ハルデンベルクの改革シュタイン‐ハルデンベルクの改革シェーン(プロイセンの政治家)共同地[中世ヨーロッパ]クリスティアン(4世)フェルナンド(5世)ハンス クードリヒグーツヘルシャフトベルンシュトルフバスク(地方)プロイセン王国マルテ=ブルンプロイセン改革デンマーク史プロシア改革農業協同組合建設者同盟センベーヌリトアニア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農民解放の関連情報