エドゥアルド七世公園(読み)エドゥアルドナナセイコウエン

デジタル大辞泉の解説

エドゥアルドななせい‐こうえん〔‐コウヱン〕【エドゥアルド七世公園】

Parque Eduardo Ⅶ》ポルトガルの首都リスボンの中央部にある広場。1902年にイギリス王エドワード7世がリスボンを訪問したことを記念して造営されたフランス式庭園。公園内には熱帯植物園エストゥファフリアがある。ポンバル侯爵広場に隣接する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android