コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エドウィン エドウィン Edwin

1件 の用語解説(エドウィンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エドウィン
エドウィン
Edwin

[生]583頃
[没]632/633.10.23. ドンカスター,ハットフィールドチェイス
イギリス七王国時代のノーサンブリア王 (在位 616~632/3) 。パウリヌスによってカトリックに改宗。ほかの諸国に覇を唱え,スコットランドに遠征した。マーシアペンダと戦って敗死。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエドウィンの言及

【七王国】より

…この王のもとではじめてアングロ・サクソン人のキリスト教改宗がすすめられた。次いで7世紀前半にはイースト・アングリアが一時台頭したが,同世紀半ばにはノーサンブリアが強勢を誇り,その王エドウィン(在位617‐632)はスコットランドに遠征をおこなった。8世紀にはマーシアが強大となり,とくにその王オファ(在位757‐796)は他の諸国に宗主権をふるっただけでなく,ウェールズとの境界に〈オファの防塁〉と呼ばれる長大な土塁を築いてブリトン人を圧迫し,またフランクのカール大帝と対立するなど,大いに威を示した。…

※「エドウィン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エドウィンの関連キーワード階乗Nエヌ頃・比没・歿勃・歿・没633美の里N末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エドウィンの関連情報