コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改宗 カイシュウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゅう【改宗】

[名](スル)今まで信じていた宗教宗派を捨てて他の信仰に入ること。宗旨変え

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいしゅう【改宗 conversion】

特定の宗教の信仰を別のそれに変えること。これは外発的なものと内発的なものとに分かれる。前者は家族や職業などの要請にもとづき,共同生活を円滑に運ぶためにおこなわれる。後者は痛切な人生体験によって自己の属する宗教に疑問をもつことから生ずるもので,いわゆる〈回心〉に基づいてなされることが多い。西欧世界では,カトリックとプロテスタント相互の間で多くみられ,とくにカトリックから他派へ移る場合は棄教,離教,背教などと呼ばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいしゅう【改宗】

( 名 ) スル
それまで信じてきた宗旨を捨てて、別の宗旨の信仰に転ずること。宗旨がえ。異なる宗教へ変わる場合にも、一つの宗教の中で他の宗派へ移る場合にもいう。 「キリスト教に-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の改宗の言及

【回心】より

…インド仏教においては同様な宗教体験が〈信解〉〈転依〉などの語によって表現されていたと考えられる。現代語においてはキリスト教的な回心(かいしん)conversionの意味で用いられることが多い。【荒牧 典俊】。…

【換質】より

…換位conversionとならぶ伝統的論理学における直接推理の一種。換質とは命題の肯定・否定という質を換える推理であり,(1)肯定命題〈……はPである〉から否定命題〈……は非‐Pでない〉を導出すること,(2)否定命題〈……はPでない〉から肯定命題〈……は非‐Pである〉を導出すること,の2種がある。…

【転換】より

…原子炉中で,熱中性子では核分裂しにくいウラン238 238Uやトリウム232 232Thが中性子捕獲反応によって,238U+n―→239U (中性子の捕獲)239U―→239Np+β (半減期23分)239Np―→239Pu+β (半減期56時間)232Th+n―→233Th (中性子の捕獲)233Th―→233Pa+β (半減期22.1分)233Pa―→233U+β (半減期27.4日)という壊変を経た結果,熱中性子で核分裂を起こすことのできるウラン233 233Uやプルトニウム239 239Puに変化すること(上式でnは中性子,βはβ線を示す)。…

※「改宗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

改宗の関連キーワードサトゥク・ボグラ・ハーンアンゲルス・ジレージウスハイデルベルク教理問答サトゥク・ボグラ・ハンベルゲングリューンキリシタン大名転びキリシタン聖アナニア教会ウィンフリードアンベードカルウィリブロードグレゴリウスクロビス一世アゼルベルト細川ガラシャモリスコスキリスト教ニューマンドービニェ佃又右衛門

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改宗の関連情報