コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネルギー統計 エネルギーとうけいenergy statistics

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エネルギー統計
エネルギーとうけい
energy statistics

国内のエネルギー需給に関する基本統計としては,通産省発行の「エネルギー生産需給統計」がある。この統計から需給構造の詳細を分析して表示したものが「総合エネルギー統計」 (赤本) であり,総合的な国内エネルギー需給構造を見る場合の基本統計となっている。特に産業分野の業種別エネルギー消費実態を見るための統計として,通産省では 1980年から「石油等消費構造統計」を刊行した。エネルギー種別の詳細を見るための統計類も多数ある。電気事業については「電気事業便覧」「電力需給の概要」 (青本) ,「電源開発の概要」 (黒本) がある。ガス事業では「ガス事業便覧」「ガス事業統計」があり,石油関連では「石油資料」「出光石油資料」などが利用される。その他,石炭では「石炭需給統計」「コールノート」,原子力では「原子力発電便覧」「原子力ポケットブック」がある。日本と海外諸国との比較という観点では,OECD諸国を横並びで比較した「エネルギーデータ」や「環境データ」が有効である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エネルギー統計の関連キーワード生産動態統計石油産業

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エネルギー統計の関連情報