エバーシャープペンシル

精選版 日本国語大辞典の解説

エバーシャープ‐ペンシル

〘名〙 (ever-sharp pencil) 鉛筆の芯(しん)を、少しずつ押し出して使う筆記用具。芯の出し方には、軸を回転させるもの、頭部を押すものなどがある。元来は商標名。シャープペンシル。エバーシャープ。
※蘿洞先生(1925)〈谷崎潤一郎〉「ポケットから手帳を出して、エヴァーシャープ・ペンシルを握った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android