エバーシャープペンシル

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ever-sharp pencil) 鉛筆の芯(しん)を、少しずつ押し出して使う筆記用具。芯の出し方には、軸を回転させるもの、頭部を押すものなどがある。元来は商標名。シャープペンシル。エバーシャープ。
※蘿洞先生(1925)〈谷崎潤一郎〉「ポケットから手帳を出して、エヴァーシャープ・ペンシルを握った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android