コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピスキア Episcia; carpet plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピスキア
Episcia; carpet plant

イワタバコ科エピスキア (ベニギリソウ) 属の総称。メキシコ南部から中央アメリカ,ブラジルにかけて6種が分布する。小型の多年草で,全草に細毛がある。花色は赤色,藤色,白色などがある。合弁花で,花冠の先端は5裂する。対生する卵形の葉には,葉脈に沿って赤褐色や銀灰色の美しい斑 (まだら) 模様が入る種類が多く,花を観賞するだけでなく,観葉植物としても利用される。園芸品種には`クレオパトラ'や`アカジョウ'などがある。水はけのよい軽い用土を用いて鉢栽培する。春から夏にかけて匍匐茎を伸ばしてよく生育する。水切れに注意し,春から夏にかけては半日陰で管理する。高温性で,冬も 15℃以上に保つ必要がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android