赤色(読み)アカイロ

  • しゃくじき
  • せきしょく

デジタル大辞泉の解説

赤い色。また、朱色緋色など赤系統の色。あか。
古代・中世の染め色の名。茜(あかね)櫨(はじ)とで染めた、赤に黄みが加わった色。禁色(きんじき)の一。赤白橡(あかしろつるばみ)
襲(かさね)の色目の名。諸説があり、表が赤、裏が二藍(ふたあい)、また、表が蘇芳(すおう)、裏が縹(はなだ)
織り色の名。縦糸が紫、横糸が蘇芳のもの。縦糸・横糸ともに赤とも。
赤色の袍(ほう)」の
赤い色。赤。
(赤旗を用いるところから)社会主義・共産主義をいう。「赤色革命」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

赤の色。赤。
染め色の名。紅花の赤、また黄櫨はじと茜あかねとで染めた、ねずみがかった赤色。禁色きんじきの一。赤白橡あかしらつるばみ
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は二藍ふたあいあるいは縹はなだ。また、表裏とも赤とも。四季通用。赤白橡。赤花。
織り色の名。経たては紫、緯よこは赤。
赤い色。あか。
赤旗を用いるところから 社会主義的・共産主義的な事柄に付けて用いる語。 -ロシア

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 赤い色。(ひ)色、紅(べに・くれない)色、蘇芳(すおう)色・朱(しゅ)色等の総称。
※古事記(712)中「又宇陀の墨坂神に赤色の楯矛を祭り」
※蜻蛉(974頃)下「あかいろの扇」
② 中古の染色の名。黄櫨(はじ)の下染めに、茜(あかね)を灰汁媒染(あくばいせん)により混ぜた、黄色に赤みの加わった、一種の暗調を帯びた色。禁色の一つとして、臣下は使用することが許されなかった。赤白橡(あかしらつるばみ)。→赤色の袍(ほう)
※源氏(1001‐14頃)乙女「帝はあかいろの御衣たてまつれり」
③ 中古の織り色の名。諸説がある。経(たていと)、緯(よこいと)ともに赤(西宮記等)。経は蘇芳(すおう)、緯は紫(服飾管見等)。経は紫、緯は赤(胡曹抄・装束抄等)。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「中納言は、あかいろの織物の襖(あを)、鈍(にび)の指貫(さしぬき)
④ 襲(かさね)の色目の名。諸説がある。表赤、裏二藍(ふたあい)(物具装束鈔等)。表赤色、裏赤色(装束雑事抄等)。表赤色、裏薄色(満佐須計装束抄等)。表蘇芳、裏紫(有職故実辞典等)。表蘇芳、裏赤白橡(装束抄等)。表蘇芳、裏縹(はなだ)(狩衣至要抄等)。表蘇芳、裏濃縹(雁衣抄等)。
※枕(10C終)二八二「狩衣(かりぎぬ)は 香染の薄き。白き。ふくさ。あかいろ。松の葉色。青葉」
⑤ 中古、女や童の赤色系統の装束、唐衣、表着、汗衫(かざみ)などに用いられる色。また、その色の衣服。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「大人廿人は、あかいろに蘇芳襲、いま廿人はあか色にえびぞめがさね」
⑥ 中古の②以外の赤色系統の、下襲(したがさね)、狩衣、法衣などの色。また、その衣服。
※枕(10C終)二七八「僧都の君、あか色の薄物の御ころも」
〘名〙 (「しゃく」「じき」はそれぞれ「赤」「色」の呉音) 赤いいろ。あかいろ。せきしょく。
※貞享版沙石集(1283)八「愛染の法に付て、敬愛の秘法を習ふ。彼相応物を赤色(シャクジキ)に染むるに、つやつや赤根の色つかず」
〘名〙
① 赤い色。赤。あかいろ。しゃくじき。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)四立「諸国修行者が、大悟一貫の眼を遮り、夕陽に一つの赤色靉靆なすは心得ぬ」
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「其の右翼なる全隊の赤色を帯びたるは之ぞ列国に有名なる斯波多の精兵の服装なるべく」 〔爾雅疏‐釈木〕
② (赤旗を用いるところから) 社会主義、共産主義をいう。赤。〔モダン用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤色の関連情報