コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤色 アカイロ

デジタル大辞泉の解説

あか‐いろ【赤色】

赤い色。また、朱色緋色など赤系統の色。あか。
古代・中世の染め色の名。茜(あかね)櫨(はじ)とで染めた、赤に黄みが加わった色。禁色(きんじき)の一。赤白橡(あかしろつるばみ)
襲(かさね)の色目の名。諸説があり、表が赤、裏が二藍(ふたあい)、また、表が蘇芳(すおう)、裏が縹(はなだ)
織り色の名。縦糸が紫、横糸が蘇芳のもの。縦糸・横糸ともに赤とも。
赤色の袍(ほう)」の略。

せき‐しょく【赤色】

赤い色。赤。
(赤旗を用いるところから)社会主義・共産主義をいう。「赤色革命」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかいろ【赤色】

赤の色。赤。
染め色の名。紅花の赤、また黄櫨はじと茜あかねとで染めた、ねずみがかった赤色。禁色きんじきの一。赤白橡あかしらつるばみ
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は二藍ふたあいあるいは縹はなだ。また、表裏とも赤とも。四季通用。赤白橡。赤花。
織り色の名。経たては紫、緯よこは赤。

せきしょく【赤色】

赤い色。あか。
〔赤旗を用いるところから〕 社会主義的・共産主義的な事柄に付けて用いる語。 「 -ロシア」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤色の関連キーワードスウェーデンマホガニーロッソマニャボスキマルチカラーレッドインディアンレッドクリスタルブラウンアフリカンレッドバルモラルレッドキサンテン系色素ディアブラウンアシッドレッドサンシキウツギリトマス試験紙カパオボニートコンゴーレッドテラ・ロッサ新赤色砂岩層四酸化三鉛赤色アーステラロッサ新赤色砂岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤色の関連情報