コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピダムノス Epidamnos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エピダムノス
Epidamnos

アドリア海岸の古代ギリシアの都市。前 625年頃コルキュラ (ケルキラ島 ) とコリント (コリンソス ) が共同で植民。前 435年支配権をとった民主派が,寡頭派の反撃にあって援助を求めたことから,両母市が巻込まれて争うところとなり,ペロポネソス戦争誘因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のエピダムノスの言及

【ドゥラス】より

…人口8万5000(1990)。前625年ころにギリシア人が建設した町エピダムノスEpidamnosが起源で,ローマ帝国時代にはデュラキウムDyrrhachiumの名称で交通の要衝であった。現在の市名はこのラテン名に由来する。…

※「エピダムノス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

エピダムノスの関連キーワードデュラキウムの戦いアポロニアドゥラス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android