コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピメニデスのパラドックス エピメニデスノパラドックス

デジタル大辞泉の解説

エピメニデス‐の‐パラドックス

古代ギリシャ七賢人の一人、エピメニデスにまつわる論理的逆説クレタ島出身のエピメニデスが「クレタ人はみな嘘つきだ」と述べたという命題の真偽を問う際、クレタ人であるエピメニデスが真実を述べているとすると、クレタ人はみな嘘つきになり、嘘を述べていたとすると、クレタ人はみな正直になり、発話の主体であるエピメニデスが正直ものか嘘つきかであることと矛盾する、という説。自己言及のパラドックスまたは嘘つきのパラドックスとして広く知られる。クレタ人のパラドックス。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエピメニデスのパラドックスの言及

【パラドックス】より

…論理的パラドックスは意味論的パラドックスと集合論ないし論理学のパラドックスとに分けられる。意味論的パラドックスの代表的なものはリシャールのパラドックス,ベリーのパラドックス,グレリングのパラドックス,エピメニデスのパラドックスなどである。それは語や文の定義や真偽,何を指すか,いかなる意味をもつかにかかわる。…

※「エピメニデスのパラドックス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone