真偽(読み)しんぎ

精選版 日本国語大辞典「真偽」の解説

しん‐ぎ【真偽】

〙 ほんとうのことといつわりのこと。ほんものとにせもの。
※経国集(827)二〇・白猪広成対策文「必須其真偽其虚実
※太平記(14C後)二七「讒者(ざんしゃ)の真偽(シンギ)に事を寄せて」 〔漢書‐宣帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android