コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エピ帯 エピたい epizone

1件 の用語解説(エピ帯の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

エピ帯

変成作用の三つの深度帯の上部のもので,風化帯および膠結帯の下部に位置する.この帯の変成作用は中程度の温度,低い静水圧および強い応力に支配される.この型の変成作用による岩石は含水珪酸塩鉱物に富む特徴がある[Becke : 1903, Grubenmann & Niggli : 1924].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエピ帯の言及

【深成作用】より

…バディントンA.F.Buddington(1959)は,花コウ岩体の形や性質と周囲の岩石の性質との間には密接な関係があると主張し,花コウ岩の性質や現出状態も,その形成された深さに対応すると考えた。そして,地殻の比較的浅くてほとんど広域変成作用の起こっていないところや古い地質時代の冷却してしまった変成岩地帯などをエピ帯epizone,深くて高度の広域変成作用の起こりつつある地帯をカタ帯catazone,その中間のところをメソ帯mesozoneと呼んだ。一般に調和的な花コウ岩体は,広域変成帯に産することが多い。…

※「エピ帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エピ帯の関連キーワード後成作用気成変成作用エピ変成作用圧砕変成作用アルコ変成作用変位変成作用カタ帯深度帯風化作用帯ダイアカイト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone